婚礼内祝い

結婚式終了後のお祝い金(ご祝儀) いつまでに、お返し(内祝い)をするのか?

結婚式に欠席の方から、お祝い金・ご祝儀を貰った場合、内祝いは、いつまでに返礼するのか?

婚礼内祝いを返礼するタイミング

基本的には1か月~3か月が目安です。

ですが、地域性にで1か月で返す地域もあります。周りの方にも聞いてみてください。

 

お返しはいくら位なのか?

半返しが基本です。

結婚式に出席する方は、料理や飲み物を提供しています。

参加してない方は、その分多めにお返しします。

 

婚礼内祝い熨斗の書き方は?

1か月以内は「寿」または「内祝い」

2か月~3か月は「内祝い」

 

婚礼内祝いには何を返したら良いのか

お勧めは、カタログギフトです。

理由としては、「金額」と「半返し」にあります。

お祝い金・ご祝儀額

1万円の場合・・・・5,000円程

3万円の場合・・・・15,000円程

5万円の場合・・・・25,000円程

8万円の場合・・・・40,000円程

10万円の場合・・・50,000円程

 

結婚式の引き出物(陶器など)で多い商品金額は3,000円の商品です。

5,000円・10,000円の商品もありますが、種類が限られます。

そこで、カタログギフトだと金額別に、種類があるので選びやすく、カタログギフトの定価が高額になるほど

内容が充実しているからです。送られた方も満足するな内容だからです。

※内祝いの返戻金額の半返しは基本であり絶対ではありません。三割返し、一割返しでも良いのですが、受け取った側が、不快にならないように、相手の気持ちを考え返礼してください。

 

 

ブライダルポケットのカタログギフトは最大40%OFF

ポケットなら高品質なカタログギフトが安い!